真剣に走れよ!仕事じゃねぇんだぞ!

ランニング・ジャンキー6年目。 究極の目標はサブスリーとUTMF完走。裏目標はホノルルマラソン。

柴又60k②~30kまで

エントリー時の申告タイムは6時間だったので、

恐れ多くもAブロックでした。
(その時はキロ5分半くらいで走る気でいた)
 
実際、僕の実力を知るトレーナーさんには7時間でいい、
と言われたので、間を取って6時間半を目標に。
 
僕のレースプランは
・キロ6分前後を刻めるとこまで淡々と。
・上り坂はすべて歩く。
・エイドは止まって補給する。
スペシャルバッグのある36キロでは少し長めに休む。
というくらいでした。
 
スタートしてすぐに未舗装の砂利道が1.2キロ。
走りにくいことこの上ないし、
砂埃が地味にイヤでしたが、
そこはウルトラランナーたち。
轍の上や端っこにかろうじてある土の上に
コース取りして黙々と走ってました。
 
そこを抜けたらあとは土手の上。
 
前半はとにかく省エネ、リラックスと思い、
流れる景色をボーっと眺めて走りました。
 
なのでレポと言っても写真はないし、
ほとんどネタはありません(汗
 
 
序盤に、ウェーブスタートで10分遅れて出ている
Bブロックの壮年ランナーに抜かれたとき、
並走していたランナーと
「あの人Bですよね、速くないですかね」
「6時間半目標じゃないですよね、速いですよね」
という会話をしながら、
ウルトラってやっぱりトレランに近くてゆるいなと思ったり。
 
9キロのエイドでスイカがうまかったこと、
17キロのエイドでコーラとおにぎりがうますぎたこと、
23キロのエイドであんぱんだと思って食べたらチョコぱんだったこと、
楽しみがエイドしかないのでそのことばかり(笑)
 

あとはその23キロのエイドでぐだぐだしてたら、
「100キロの先頭来まーす!」
という声と共に、川内鮮輝選手とスライドしたこと。
あの川内優輝選手の弟さんです。
 
ゴールタイムは7時間15分だそうで…。
キロ4:20くらい…。
お昼過ぎには走り終わってる…。
しかも不満だったそうで…。
 
 
それと、この柴又のコースは僕の地元の越谷の隣、
三郷~吉川~春日部を走るので、
景観が地元に似ていて勝手にホームな気分でした。
 
越谷市民球場近くにあるごみ処理工場が、
周りにさえぎるものがない(田んぼしかない)ので
20キロ前後ではしばらく横目に見えました。
 
 
さらには30キロ付近の春日部は、
先月走った春日部大凧マラソンのコース。
我ながら土手が好きなランナーのようです。
 
 
そんなこんなで30キロ折り返し地点を
3:15:51で通過。
 
{EDAFA2CA-CE84-4F13-86FC-EBE64B6EA5B5}
 
その時は何にも考えてなかったですが、
振り返ると目標の6時間半のちょうど半分でした。
 
次回へ続く。