真剣に走れよ!仕事じゃねぇんだぞ!

ランニング・ジャンキー6年目。 究極の目標はサブスリーとUTMF完走。裏目標はホノルルマラソン。

第2回さいたま国際マラソン

4月のかすみがうらマラソン以来のフルマラソン

さいたま国際マラソン走ってきました。
 
昨年の第1回にも出たので2年連続、フル出場(笑)
勝手知ったる地元を走るので、
思い入れは多少出てきました。
 
コースは昨年から変更があって、
入りの8キロと終いの8キロが入れ替わり、
途中埼玉スタジアム付近のアップダウンも
なくなってたりと、
タイムが出るようにしたらしいです。
 
レース前にコース図を見て
昨年のレースを思い出してたのですが、
見事に撃沈した30k以降の記憶があまりなくて、
参考程度にとどめました。
 
ジムのトレーナーとも相談して、
坂は時計がかかる前提で、
他はペースを守っていく作戦。
 
目標はサブ3.5なので、
ペースは『キロ4:50プラスマイナス10秒』
を刻んでいくことに。
 
 
結果。
 

f:id:hiro_toriyama:20170112114028j:plain


ネットですが、無事サブ3.5!
 
ロング走がほぼ出来なかったので、
30キロから先に体がどう反応するかが正直不安で、
とにかく次の1キロを刻んでいくことに
集中したのが良かったのかもです。
35キロ〜40キロでまたラップを上げられたのは
自分でも意外でした。
 
 
自分用に備忘録。
 
【朝食(4時間前)】
おにぎり3個、バナナ、味噌汁
 
【会場で(1時間半前)】
羊羹、バナナ
 
カステラも持っていったけど、
お腹いっぱいで食べなかった。
 
【スタート前】
アミノバイタルゼリー、ベスパ
 
【補給】
メダリスト1
ショッツ2(カプチーノ味、コーラ味)
パワージェル1(バナナ味)
 
 
 
フルマラソンはしんどいけど楽しい、と
何度走っても思います。
ボランティアの方々と応援にも毎度ながら感謝!
 
来年もまた、走るつもりです。
 
 
と、ここで記事終わろうと思ったのですが、
ランネットの大会レポで
結構厳しく書かれてたので追記。
 
元々あまりプラスアルファを期待しない僕の感覚では、
至って普通の大会運営かなという感想です。
ある人が
「ローカルのハーフマラソン大会みたい」
と書いてたのが絶妙です。
完走メダルとフィニッシャータオルがあるくらいで、
言っちゃうと、江東シーサイドマラソンと大差ないです。
僕レベルのランナーが過不足なくレースに臨める、
いわゆる普通のマラソン大会です。
 
さいたまならではの特色とかおもてなしを、
というのはそもそも期待してなかったのですが、
確かにそういう面は弱いです。
 
全体的に、陸連がガチでやる選考レースに
市民マラソンくっ付けました、感が強い。
エキスポもアフターレースも、
エンタメ色を求めるランナーは不満だと思います。
端的な例は給食。ビックリするくらい、
ほぼないのも同然です。
 
トータルで見ても、東京とか横浜とか、
出たことないですがたぶん大阪や京都と比べたら、
ガッカリかなと。
 
おそらく参加費が15,000円というのが
すべての原因かと思います。
これが8,000円とかせいぜい10,000円なら
苦情申し立ては減るはず。
 
さいたまという微妙な都市では
スポンサーもなかなかいないだろうし
りそな銀行が入っただけでもランクアップ)、
スーパーアリーナ使ってるのもあるだろうし、
きっと来年もあまり変わらないかもですが。
 
来年もまた出たいと思ってるので、
大人気になるのも困るのですが(笑)
回を重ねていって、
洗練されてくことを期待してます!