真剣に走れよ!仕事じゃねぇんだぞ!

ランニング・ジャンキー6年目。 究極の目標はサブスリーとUTMF完走。裏目標はホノルルマラソン。

【レースレビュー】スリーピークス八ヶ岳トレイルAttack line23km

トレイルを走ったあとの脚の筋肉痛は、
4日経っても残ります。
 
スリーピークス八ヶ岳トレイル。
 
日曜日に走ってきました。
 

f:id:hiro_toriyama:20170113120705j:plain

 
この大会は
38kmの『One pack line』と
23kmの『Attack line』の2部門あり、
なんちゃってトレイルランナーの僕は
当然23kmのAttack lineです。
累積標高1000m。
 
トレイルをロードの合間に走りはじめて
通算4レース目。
 
おんじゅくオーシャントレイル(16km・累積標高575m)
みたけ山トレイル(15km・累積標高1000m)
房総丘陵トレイル(14km・累積標高430m)
 
と来ているので、これでも最長距離です。
 
根本的にビビリなので、
徐々に長く、高くのコンセプトで
レースを選んでますが、
今回出た理由は主に3つ。
 
・そろそろ東京と千葉以外の、
山らしい山でのレースに出たかったこと
 
・38kmには
山本健一選手や小川壮太選手など、
トップランナーも出場していて、
生で見たかったこと(ただのファン)
 
・妻と娘を連れて家族旅行にする絶好の宿
「リゾナー八ヶ岳」が近いこと
 
もちろん最後の理由がいちばんデカいです。
ゾナーレも素晴らしかったですが
それは別の記事に。
 
細かいレースレポは性格上向かないことが
長いだけのブログ歴で分かってるので、
ほぼ備忘録の感想です。
 
・「スリーピークスは評判いいですよ!」と
ノースフェイスのスタッフさんに
聞いていた通り、
ほどよく「ゆるい」空気感でみんな楽しげ。
 
・駐車場は会場から10分強歩く。
当日6時過ぎに到着。停められた。
 
・会場のトイレは少ないけど、
待ったのは15分くらい(大です)。
 
・スタート前のウォーミングアップで
みんなでラジオ体操。
だけじゃなく、
みんなでランニングマン×6回
(このへんがゆるい)
 
・23kmスタート直前に、
「必携品持ってないと思われる人が多すぎる」と怒りのアナウンスが入る。
(このへんはゆるくない)
ゴール後に必携品チェックがあります。
不携帯だとタイムに60分ペナルティ。
 
・コースは前半は登り、
後半は下りとはっきりしている。
走力ある人なら、
歩くところがないくらいの斜度が続きます。
「走らされる」コースだとか。
 
・23kmとはいえ、
トレーニング不足過ぎました。
いま思い返すと、「あそこは走れた」と思う
斜面も歩いてしまった。
「歩かないでくださーい!ここは歩くところじゃないですよー」と
誘導のスタッフさんに言われてしまう
レベルの一団の中にいました。
 
・後半の下りセクションで股関節が保たず、
「下りで歩く」という情けない状態に。
抜かれたランナーに「大丈夫ですか?」と
心配されてしまう始末。
でも、声かけてくれるのが
トレランの素晴らしいところ。
 
・最後の「棒道」でつまずいて派手に転倒。
もう脚が終わってて上がってないのに
無理してスピード出してはだめですね。
 
・景色はやっぱり素晴らしい。
(38kmはもっといいみたいですが)
こんなパノラマ見たときは思わず声が出ました。
がんばって登るとご褒美があるのがトレラン!
 

f:id:hiro_toriyama:20170113120734j:plain

 
・フィニッシュタイムは3:00ジャスト。
2:30で帰ってくるつもりだった自分は甘かった。
 
・ゴール後に飲んだ桃スムージーが美味!
 

f:id:hiro_toriyama:20170113120853j:plain


以上、おつかれさまでした!
 
状況が許せば、
また来年も出たいと思います。
 
本当に今回、自分の体幹と股関節周りの
脆弱さを痛感したので、
来年までに体を作り直して
タイム更新できるように。
 
そしてトレイルはやっぱり楽しい!
 
次のトレイルはどこにしようかな。