真剣に走れよ!仕事じゃねぇんだぞ!

ランニング・ジャンキー6年目。 究極の目標はサブスリーとUTMF完走。裏目標はホノルルマラソン。

柴又60k③〜ゴール

前半が向かい風だったので、

折り返してからは追い風になるはず、

と思って走ってたのですが、

何の仕打ちか、無風に(涙)

 

日差しは相変わらずカンカン照り。

それでも文句をつぶやきながらも走るしかない。

 

痛みはどこにも出てないし、

フルマラソンまでは9回走ってるので恐怖感もなく、

淡々と刻んでいきました。

 

そして、36.8キロのエイド。

スペシャルバッグを受け取れるエイドです。

 

100kだとドロップバッグが折り返しでありますが、

60kはこのスペシャルバッグのみ。

実験的にやってみました。

1つ500円で購入して、事前送付され、好きなモノ入れておいて、

スタート前にトラックに預けます。

 

必要かどうかも分からなかったので、

とりあえず楽しそうなので(笑)

 

f:id:hiro_toriyama:20170619112707j:image

前日用意した補給物。

 

ジェルは、サロモンのウエストベルトに入れてスタートするものと、

残りをスペシャルバッグに入れて、補充するプラン。

 

あとは固形物として、パワーバーと羊羹。

エイドのスポドリに飽きるかなと思い、

350mlの麦茶とコーラを入れました。

 

その結果は……

 

ジェルは余り、

固形物は胃がやられていて羊羹だけ押し込み、

飲み物はあったまっていてマズイ、

 

というあまり楽しくない結果に。

 

結論としては、スペシャルバッグは失敗だったかなと思いますが、

そもそも補給全般が失敗だったのかもしれません。

レース後のダメージ含めて再考したいところです。

 

フルマラソンの距離を過ぎてからは未知の領域。

50kくらいからはまた風が出てきて追い風だったので

そこは救われましたが、

45kからはたまに歩きを入れるようになってしまいました。

フルマラソンで必ずと言っていいほど出る、

ひざの痛みや裏腿の張りはそんなにないのに、

体が動いてくれないかんじでした。

 

49k地点には兄家族が応援に来てくれました。

f:id:hiro_toriyama:20170619131410j:image

コーラをもらい、少し話したことでリフレッシュ。

応援は本当にありがたいです。 

 

残り11k。

相変わらず、どこかが痛い訳でもないのに、体が動かないだけという、

おそらくエネルギー切れだった感じです。

 

気持ち悪いなりにジェルを入れると走れるような。

初めての感覚だったので、なんだか面白かったですが

実際はそんな余裕はありません。

 

それでも何とか走ってると、

前半抜かれたランナーを何人も抜き返してたり、

そのまた逆もあったり。

 

最後の砂利道に入ると、ゴールまで1.5kくらい。

ここからは意地で走り通しました。

 

f:id:hiro_toriyama:20170619132450j:image

6:45でゴール。

 

初ウルトラ、キツかったけど楽しかったです。 

 

100k走った訳ではないので「ウルトラマンになったぞ」

という気分ではないですが、イメージが少しだけ湧きました。

 

柴又はフラットなので、距離との戦いというよりは、

暑さとの戦いが大きい気がします。

たぶん冬場に開催してればもっと楽に走れた気もします。

 

富士五湖や飛騨高山、サロマはまた違った難しさもあるのかなと思うと

ウルトラマラソンも奥が深い。

 

来年出るなら100kかなと思っているので、

そういう意味では僕のリミッターも壊れ始めた柴又60kでした。

 

文字ばかりのレポにお付き合いいただき

ありがとうございました!

柴又60k②~30kまで

エントリー時の申告タイムは6時間だったので、

恐れ多くもAブロックでした。
(その時はキロ5分半くらいで走る気でいた)
 
実際、僕の実力を知るトレーナーさんには7時間でいい、
と言われたので、間を取って6時間半を目標に。
 
僕のレースプランは
・キロ6分前後を刻めるとこまで淡々と。
・上り坂はすべて歩く。
・エイドは止まって補給する。
スペシャルバッグのある36キロでは少し長めに休む。
というくらいでした。
 
スタートしてすぐに未舗装の砂利道が1.2キロ。
走りにくいことこの上ないし、
砂埃が地味にイヤでしたが、
そこはウルトラランナーたち。
轍の上や端っこにかろうじてある土の上に
コース取りして黙々と走ってました。
 
そこを抜けたらあとは土手の上。
 
前半はとにかく省エネ、リラックスと思い、
流れる景色をボーっと眺めて走りました。
 
なのでレポと言っても写真はないし、
ほとんどネタはありません(汗
 
 
序盤に、ウェーブスタートで10分遅れて出ている
Bブロックの壮年ランナーに抜かれたとき、
並走していたランナーと
「あの人Bですよね、速くないですかね」
「6時間半目標じゃないですよね、速いですよね」
という会話をしながら、
ウルトラってやっぱりトレランに近くてゆるいなと思ったり。
 
9キロのエイドでスイカがうまかったこと、
17キロのエイドでコーラとおにぎりがうますぎたこと、
23キロのエイドであんぱんだと思って食べたらチョコぱんだったこと、
楽しみがエイドしかないのでそのことばかり(笑)
 

あとはその23キロのエイドでぐだぐだしてたら、
「100キロの先頭来まーす!」
という声と共に、川内鮮輝選手とスライドしたこと。
あの川内優輝選手の弟さんです。
 
ゴールタイムは7時間15分だそうで…。
キロ4:20くらい…。
お昼過ぎには走り終わってる…。
しかも不満だったそうで…。
 
 
それと、この柴又のコースは僕の地元の越谷の隣、
三郷~吉川~春日部を走るので、
景観が地元に似ていて勝手にホームな気分でした。
 
越谷市民球場近くにあるごみ処理工場が、
周りにさえぎるものがない(田んぼしかない)ので
20キロ前後ではしばらく横目に見えました。
 
 
さらには30キロ付近の春日部は、
先月走った春日部大凧マラソンのコース。
我ながら土手が好きなランナーのようです。
 
 
そんなこんなで30キロ折り返し地点を
3:15:51で通過。
 
{EDAFA2CA-CE84-4F13-86FC-EBE64B6EA5B5}
 
その時は何にも考えてなかったですが、
振り返ると目標の6時間半のちょうど半分でした。
 
次回へ続く。

柴又60k①~スタートまで

柴又60k、走ってきました。


{ED2B2730-3AF9-4778-8124-CD76B3715C40}
(100kとはリボンが違うだけでメダルが同じ。なんだか申し訳ない…)
 
初ウルトラですが、
ウルトラマラソンに挑戦するぞ!とか、
これから主戦場をウルトラにします!とかではなく、
「フルマラソンの距離を楽に感じるようになるためのトレーニング」
という位置づけです。
 
柴又も当然ながら100kがメインの大会でおまけだし、
フルマラソンにプラス18キロくらいだし、
LSDくらいかなと思ってましたが、
実際走ってみると、予想以上に新しい景色も見えたりしました。
 
翌日会う人にも「ウルトラランナーだね!」とか
普段フルマラソン走った時はなんにも言わない人にも
「本当にヘンタイだったんだね(褒め言葉)」と言われたり。
 
意外と60kもインパクトあるんだなと、
それで分かりました(笑)
 
ということでガチでウルトラ目指す方には多分参考にならない、
ゆる~い備忘録ブログ。
 
 
前日は一応カーボローディングしました。
 
・昼食:特盛ごはんの焼肉弁当
・夕食:ご飯とお餅3つ(と普通のおかず)
 
体重増が気になるので、
フルマラソンはゆるいカーボしかやらない派の僕としては
結構がっつり食べました。
 
最終的にはプラス1.5kg。
許容範囲に収まりました。
 
レースの準備をバタバタしてから
22:30くらいに寝て、6:00起床。
 
スタートが9:30なので、
常識的にはもっと早く起きるべきところですが、
なにしろ初ウルトラなので
睡眠不足を避けることを優先しました。
 
 
・朝食:お餅4つ
 
 
7:30に自宅を出発。
 
JRで小岩駅→京成バス(金町行き)で柴又帝釈天まで。
8:30くらいにバス停到着。
 
バスには僕しかランナーはいませんでした。
楽チンでよかったですよ。
(でも100kだとスタートに間に合うバスはないです)
 
バス停は柴又のメイン通りの目の前。
 
{41A91884-AFBA-4794-9F44-C29D7EE97A47}

{387FDD7A-C292-47B5-A2E4-CEB7F854EC0A}


柴又駅から来るランナーの流れについていきました。
(なので寅さん像を見てなかったことに帰宅後気づく)
 
帝釈天に寄ってお参り。完走祈願。

{A97869B7-02DC-4E46-83B9-1447406EE565}

 
土手に上がると会場がどどーんと見えます。
バス停からは7~8分かな。

{622664CE-FF67-45D9-8E02-67B9C7F94DA2}
会場の広さに対して60kのランナーは少ないので、
余裕がかなりありました。
 
100kは倍の人数だから、それなりに混むのかな?
 
着替えたりワセリンと日焼け止め塗ったりしつつ
気温をチェックすると、最高気温25℃まで上がる予報。
 
写真でも分かる通りに(無駄に)好天。
風が結構あって、しかも北風なので、
体感的には日陰に入るとひんやりと気持ちいいくらいでしたが、
これから走る土手に日陰なんてない!と覚悟するしかない。
 
30℃超えた年もあったとのことなので、
それに比べたらいいほうなのかなと思うようにしました。
 
荷物預けて、
スペシャルバッグも預けて、
トイレ(5分も待たなかった)行って、
軽くストレッチして、
アミノバイタルプロもらって、
9:20にスタート地点で整列。
 
トレランと同じくらい(?)ゆるい空気で、
元々ない緊張感がさらになくなりつつ、
号砲を待ちます。
 
9:30、ものすごくフワッと、60kの旅が始まりました。
 
長くなったので次回へ続く。

ブルックス・フロー6とザ・ノースフェイスのギアと鏑木さん

昨日、宣言通りにヴィクトリアワードローブへ。

 

もう目当てが決まってるので

ブルックスとナイキのディスプレイを

何度か行ったり来たりした結果…

 

f:id:hiro_toriyama:20170119211043j:image

 

ブルックスにしました。

2つ前のモデルを履いてた「フロー」。

 

前回の記事で載せてた写真はフロー5で、

買ったのはフロー6。

最終的には値段で決めました。

ナイキはこれより4,000円高くて、

デザインは好きだし同じ値段なら

ナイキにしてみたかもですが、

もう履き慣れてるブルックスの安心感を選択。

 

試し履きして店内軽く走ってみたら、

うんこれこれ、という感覚でした。

 

もうブラックがお店になかったので、

取り寄せをお願いしたら、

翌日(今日)には電話があり、

即、取りに行きました。

 

早速履きたいところですが、

明日はなんと雪予報…

朝起きれたらデビュー戦かな。

 

そして、ちらっとウェアとか見ようかなと

油断して上に行って…

 

f:id:hiro_toriyama:20170119211048j:image

 

気がついたら散財。

ザ・ノースフェイスを買いあさり。

セール中で、すべて30%OFFという罠でした。

 

とは言え、

特にINPULSE ACTIVE JACKET(青いやつ)は

ザ・ノースフェイス最軽量のシェルで、

かなりの寒がりな自分は、

レースの整列時に着て待てて、

スタート後にランパンに収納して邪魔にならない、という

これがずっと欲しくて、

必ず買うつもりでいたモノなので大満足です。

 

ホワイトはゼッケンも透ける、

というウリもあるみたいですが、

それは着たまま走る人向け(?)。

僕は脱いで走るので、好きなブルーにしました。

 

ビーニーもランパンも消耗品なので。

(という言い訳をしつつ)

 

最近、ランニングのギアは

ザ・ノースフェイスしか買ってないです。

 

それはもう鏑木さんリスペクトが故ですが、

こんなのが展示してありました。

 

f:id:hiro_toriyama:20170119224623j:image

 

パタゴニアを走った時のシューズ。

 

鏑木さんの足下にも遠く及びませんが、

自分追い込む姿勢を見習って

日々やってかないとです。

仕事中抜けラン用シューズを検討

日曜もなんとか8キロジョグできたし、

そろそろ走行距離も増やすぞと意気込んでいたところで、

月火と半ば強制的な休足日になってしまいました。

 

どちらも家のちょっとしたトラブルで、

今日に至ってはエアコンの修理が遅れたことで

予定がくるってしまったり。

 

朝早起きするのがベストかもと思うのですが、

睡眠不足が何より嫌なのと、

いまは寒くてケガにつながりそうなので避けたいところ。

 

なので、前々からここぞというときにやっていた

「仕事中抜けラン」をするしかなさそうです。

 

僕の仕事は割と自由に出入りできるというのが大きくて、

なおかつスーツ勤務ではないのでランシューで出社もできます。

(シューズも持っていけばいいのですが、荷物が多いのが嫌いなので…)

そしてオフィスは皇居まで徒歩5分。

 

前のブルックス・ピュアコネクトはカラーがブラックで、

よく仕事に履いていってそのまま皇居ランしてました。

 

いまのランシューは

ブルックスのアステリアはイエロー、

アシックスのニューヨークはブルー×オレンジで

さすがに仕事に履いていけないので、

ブラック系の、いわゆる普段履きにもいけるカラーリングの

新しいシューズ購入を検討してます。

 

候補は2つ。

どちらも愛読誌「ランナーズ」誌上のシューズ特集で

トレーニングシューズのオススメとして紹介されてたものです。

 

ブルックスの「フロー」

f:id:hiro_toriyama:20170117234625j:plain

ナイキ「フリーRNディスタンス2」

f:id:hiro_toriyama:20170117234638j:plain

※画像はどちらも公式サイトからお借りしました。

 

たぶん、デザイン的にはナイキなのですが、

前に2足も履いていたブルックス・フローへの愛着もあり。

 

ナイキの試し履き次第で決めようと思います。

明日、御茶ノ水のヴィクトリア・ワードローブへ行ってきます。

ランニングコースのすすめ【隅田川テラス】

夕方の予定だった収納棚の配達が早まり、

空いた時間でジョグに出られました。

 

□ 本日のトレーニング

ジョグ 10.4キロ

56分42秒(5分27秒/キロ)

 

寒波だということで、

インナーもタイツもアンダーアーマーのコールドギア。

 

走り終わると結構汗かいてましたが、

途中風も吹いてたし日も陰ってたしで、

基本寒がりな僕はちょうどいいくらいでした。

 

ジョグのコース、

最近は隅田川テラスです。

  

https://www.instagram.com/p/BPPn5i0DbOH/

10kジョグ。寒波寒波と騒ぐだけあって超寒かったです。隅田川テラス、西側は両国橋の先から白鬚橋手前までずっと走れることをいまさら発見。4キロ弱ありました。他のテラスは工事してたり、そもそも途切れ途切れだったりするから、隅田川テラス走るならここオススメです。#ラン #ランニング #run #隅田川 #隅田川テラス #昼ラン #浅草 #スカイツリー #屋形船 #running #sumidariver #tokyo #skytree #yakatabune

 

こんなかんじでインスタにもあげたように、

隅田川テラスの西側は

両国橋の先の総武線の高架下スタートで、

白髭橋の手前(工事中で行けない)まで約4キロ、

ほぼフラットに走れます。

 

注意点は2つ。

吾妻橋の下はちゃんとしたトンネルになってて、

6時~22時までしか通れないです。

(そこで寝たり生活したりしないようにするためかと)

 

・桜橋を過ぎるとブルーシートの家がいくつかあります。

気になる方とかは桜橋までで折り返すのがいいかもです。

 

僕は駒形橋~吾妻橋言問橋

テラスも広くて、

スカイツリーやアサヒビル眺めながら走れるので

気に入ってます。(インスタの写真も駒形橋です)

 

ミドル走とか、このコース往復をやってみようかなと思います。

ハワイのガイドブックを断捨離しながら考えたこと。

引っ越して4年、娘のモノが増えたりしたので、

本棚を収納棚に買い替えて、明後日届きます。

 

こういうタイミングで、断捨離できるものはしようと

ハワイ関連のガイドブックや雑誌を整理しました。

 

 f:id:hiro_toriyama:20170112135254j:image

※画像はPrismaというアプリで加工してます

 

5年前のハネムーンの時のものまでありました。

一昨年のものも、必要なページだけスクラップして処分。

 

渡ハ歴はまだ3回で、

いまも年1回行ければという家庭状況なのですが

こんな風にWEBや雑誌で情報だけは仕入れ続けていて

僕のエバーノートには

1ヶ月くらい毎日違うお店に行けるくらい

ワイキキのレストランをリストアップしてあります。

 

でもよくよく考えてみると

ハワイに滞在できるのは4泊6日で実質4日。

 

最大で朝昼晩×4日=計12回+間食です。

 

僕の家族構成(妻、娘2人)で

HISやJTBとかのスタンダードなパッケージで申し込むと、

ホテルでの朝食や夕食が1回ずつくらいはついてくるので、

12回が10回とかになります。

 

さらに、経験上、

朝はホテル周辺で買ってきてラナイで食べたり、

昼もワイキキから出てノースショアとかカイルアとかに

足を運ぶ日はそっちで食べるので、

結局まともにワイキキのレストランで食べる機会って

せいぜい5、6回まで絞られます。

 

リピートしたいところが2店あったら

3つか4つ、あたりをつけておけばいいわけなのですが…。

(加えてウチは子連れなのでさらに選択肢は狭い。)

 

ここまで認識していても

毎年夏に各誌がこぞってやるハワイ特集は

なんだかんだ買う気もします。

 

情報を得るためにというよりは、

ハワイへの気持ちを高めるために買う、

みたいなことかもしれないです。

 

僕みたいな人がいるから、

ハワイ特集は売れるんだろうな。

 

ハワイに慣れて、

子供が大きくなって、

パッケージツアーじゃなくなって、

年複数回行けるようになって、

長期滞在になって、

という日までは続きそうな予感。

 

ということで、いまとても、ハワイに行きたいです。